“Gish Note”はDieSixxの映画評だけをまとめたブログです。

第326位『砂塵』(ジョージ・マーシャル)

Destry Rides Again/1939/US

西部の町・ボトルネックは、イカサマギャンブルで人々から財産を巻き上げ、文句を言う人は銃と暴力で解決するケント一味に牛耳られ、無法地帯と化していた。ケントと内通する町長は、飲んだくれで役立たずのウォッシュを公認保安官に任命する。

みんなから馬鹿にされているウォッシュは悪を一掃したいと一念発起し、腕利きの保安官の息子であるトム(ジェームズ・ステュアート)を助手として呼び寄せるが、トムは普段から銃を持たず、法律を重んじる若者だった。当初は住民から軽んじられていたトムだが、冷静な捜査と法知識に基づく交渉により着実にケントを追い詰めていく。
ケントの愛人であるマレーネ・ディートリヒがヒロイン的立ち位置だが、冒頭から酒場で男たちをあしらいつつ、イカサマポーカーに手を貸す魅力的な悪女ぶりを発揮。主人公のトムが妻帯者という設定も一風変わっている。
町の無法者たちが所構わず銃をぶっ放しまくる前半は、かなり騒々しいコメディ。ディートリヒもトムの妻と酒場で殴り合ったりとやりたい放題だが、トムの誠実で高潔な人柄に、少しずつ惹かれていくディートリヒと共振するように、ドラマも徐々に洗練の度合いを増していく。このあたりはジェームズ・ステュアートの存在感が利いている。
やがて決定的な悲劇が起こり、トムがついにホルスターを取りに向かう並行移動。それぞれ武器を手にした女たちが酒場に乗り込み、マキノ時代劇さながらの大乱闘が展開。そして、ラストのキスシーン(指で口紅をぬぐうディートリヒの所作が美しい)に至るまで、アメリカ映画の豊かな感動がこれでもかと収められている。

 

第327位『ザ・カー』(エリオット・シルヴァースタイン)

The Car/1977/US

西部の田舎町で正体不明の殺人自動車が人々を襲う『激突!』と『ジョーズ』を露骨に接合したオカルトスリラー。チャーチ・オブ・サタンのアントン・ラヴェイの引用句に始まり、全編に「怒りの日」が流れ、ヨハネ黙示録のモチーフがちりばめられるなど劇中の殺人自動車は、明確に悪魔の化身として演出されている。宗教的なテーマ設定と、自動車というあからさまに即物的なモチーフのちぐはぐさが、本作の弱点でもある。公開時の評判は散々で、現在でも駄作と切り捨てる向きはあるが、70年代の映画ならではの香りにあらがいがたい魅力があるのも事実。
リンカーンコンチネンタルを改造した黒塗りの殺人自動車の存在感は重厚かつまがまがしいが、ヒロインにあおられるとブンブンとエンジン音を響かせて怒り狂うなど可愛いところもある。その後も、『クリスティーン』、『処刑ライダー』、『デス・プルーフ』など自動車を使ったホラー映画は作られ続け、ジャンルの嚆矢にもなった。

 

第328位『僕の彼女はどこ?』(ダグラス・サーク)

Has Anybody Seen My Gal?/1952/US

メロドラマの巨匠ダグラス・サークが手がけた軽妙なミュージカルコメディ。私が20代だった2000年代後半、サークの特集上映やDVD化が活発化し、なかなか見ることができなかった作品群をまとめて見る機会に恵まれた。『僕の彼女はどこ?』は、私が触れた最初のサーク作品ということもあり、個人的に偏愛している。おそらくサークのフィルモグラフィの中では異色作に分類されるが、傑作である。
天涯孤独の資産家フルトン(チャールズ・コバーン)は、若いころに自分をフった女性に家族に、自分の遺産を譲り渡そうと企画する。自分が成功を収めたのは、その女性にフラれて一念発起したからという。事前に下宿人として家族に近づき、信頼に足る人々だと見極めて匿名で財産を贈るが、思わぬ大金が良心的な庶民を変えてしまう。
 お金をめぐる風刺に満ちた物語だが、サークはことさらに庶民を貶めたり、見下げたりはせず、あくまで軽やかな寓話として描ききる。中心となるのは、ロック・ハドソンパイパー・ローリー演じるカップルの純朴なラブストーリーであり、クリスマスに全てが丸く収まる大団円を迎える。フルトンを見送る家族が、ドアのガラスからのぞき込むショットがうつくしい。「蛍の光」の旋律がごく短く流れ、ひとり去って行く老人の背中に、辛うじてサークならではの深くきびしい哀愁を見つけることができる。

 物語は明朗だが、テクニカラーとスタジオセットが織りなす画面は、この時代ならではのリッチさに満ちている。高画質ブルーレイ化してほしい1本。

 ちなみに無名時代のジェームズ・ディーンが端役で出演している。

 

第329位『前世紀探検』(カレル・ゼマン)

Journey to the Beginning of Time/1955/CZ

チェコアニメの巨匠カレル・ゼマンストップモーションアニメと実写を初めて本格的に組み合わせた長編映画。一般的にゼマンの代表作といえば『悪魔の発明』や『彗星にのって』などジュール・ヴェルヌ原作の映画化作品が挙げられることが多いと思う。本作は、4人の少年たちが有史より前の生物たちを観察しながら、ゆったりと河をさかのぼっていくロードムービーであり、博物館の視聴覚室や小学校の体育館で見せられるような児童向け教育映画の手触りがある。4人の少年俳優を起用した実写パートと古生代の生物たちをストップモーションで撮影した特撮パートを組み合わせた『キング・コング』方式でつくられているが、少年たちが極端な生命の危機に見舞われることはなく、比較的淡々と進んでいく。その牧歌的なムードがどうしようもなく愛おしい。幼少期の私が、両親にねだって、『ジュラシック・パーク』を見に行ったときに、想像していたのはまさしくこの作品の世界観であった。そのために地獄を見ることになるわけだが。

 ドラマとしての起伏は乏しいが、少年たちが知的好奇心をたよりに時をさかのぼり、生命のあけぼのに触れるセピア色の旅路は、眠っていたいくつもの記憶を呼びさます。公民館の小さな図書室に初めて入ったときの高揚感、夏の坂道を自転車で駆け下るときの草いきれのかおり、卵から育てた青虫がチョウに変わり空に羽ばたいていくときのさみしさと満足感。世界の広さと深さに触れたときの、まじりっけのないすこやかな感動が、この映画には詰まっている。

 

第330位『レディ・ハード/香港大捜査線』(コリー・ユン)

Yes, Madam!/1985/HK

ミシェル・ヨーの記念すべき主演第1作(ミシェル・カーン名義)。サモ・ハンツイ・ハークも出演しているが、あくまでコメディリリーフで、ミシェル・ヨーと格闘家出身のシンシア・ラスロックの女性コンビがアクションを引っ張る。あまり詳しくないが、80年代に女性のバディを主役に据えた本格的なアクション映画は画期的だったのではないか。
 冒頭で性犯罪者を逮捕した後、強盗相手に大太刀回りを演じるヨー。車と並走して走り、ボンネットに飛び乗り銃をぶっぱなし、素早く滑り降りて今度は下から銃撃。追い詰めた犯人に『ダーティハリー』をまるパクリしたセリフでトドメを刺す―。華麗なアクションに小気味良い編集が加わり、つかみは抜群だ。大暴れしてもどこか気品漂うのは、ヨーがクラシックバレエのコレオグラフを応用しながらアクションを組み立てたことも関係しているのかもしれない。ワイルドで暴力的なシンシアの相性も絶妙で、終盤のタッチからのそろい踏みにはかなり燃える。
 当時のサモハン映画でよく見られる不快なセクハラシーン…かと思いきや目当ては鶏肉でしたというなぞのギャグシーンや、ミシェルにセクハラして捕まろうとしたらぶん殴られる場面、ラストファイトでシンシアが痛がるふりをして相手の隙をつく、ミシェルはナイフを使う男相手に「ナイフがないと勝てない?」と煽りまくる、など女性主役を逆手に取った展開も多い。
 シンシアが犯人取り調べる時に勢いでタバコ掴んで熱いのに誤魔化すシーンもキュート。ツイ・ハークが部屋中の仕掛けを使って逃げまくる場面も感心した。
 惜しむらくは、ツイ・ハーク、ジョン・シャム、ディック・ウェイの男性トリオのドラマが終盤になって浸食してきて、全体が鈍重になっていること。はっきり言って、存在自体が蛇足に思える。時代的に女性二人のみでドラマを引っ張ることに不安があったのだろうか。80年代の限界という感じ。悪人がつかまってめでたしめでたしとはならず、やや陰惨でビターな幕切れにも驚く。

第331位『ベニスに死す』(ルキノ・ヴィスコンティ)

Death in Venice/1971/IT-FR-US

夏のヴェネチアを舞台に、生と死、美と醜、若さと老いを鮮烈に対比した名作。ヴィスコンティは、映画史上最高の美少年ビョルン・アンドレセンをフィルムに焼き付けた一方で、彼への許されざる性的搾取を告発されており、今となっては観客に対しても、美少年/美少女の若さや美しさを消費する姿勢を鋭く問い直す作品となっている。
 そもそも原作からして、10歳そこらの少年を一方的に見初め、つけ回しては、じろじろと見つめていたトーマス・マンの実体験に基づいている。そのグロテスクさを重々承知の上で、しかし、主人公アッシェンバッハの主観と同一化したカメラがゆっくりとパンしていき、おもむろにタジオがフレームインする場面には、毎度息をのんでしまう。以降、蠱惑的な視線と無邪気なふるまいに、観客もすっかりと魅了され、このあわれな老紳士に同一化してしまうのだから、映画とはつくづく罪深いメディアだとおもう。

 

第332位『哀愁の湖』(ジョン・M・スタール)

Leave Her To Heaven/1945/US

ジーン・ティアニーが氷のように美しく、炎のように情熱的な悪女を演じるテクニカラーのフィルムノワール。重度のエレクトラ・コンプレックスに取りつかれたエレン(ティアニー)が、欲求不満と嫉妬にさいなまれ、自らの愛を阻もうとする者を容赦なく排除していく。劇中の彼女は冷酷かつ狡猾なファムファタルとして描かれるが、はたしてそうか。みずから馬を駆り、つねに競争に勝ち、情欲に正直なエレンは、結婚生活によって抑圧されていく。しかし、周囲が(あるいは物語そのものが)彼女の振る舞いを弁護したり、尊重したりする様子はない。障害者である夫の弟を溺死させ、わざと階段から転げ落ちて堕胎を図る徹底的な悪女として描かれる。一方で、エレンの妹ルース(ジーン・クレイン)は心優しく従順な「良心」を体現し、最終的には彼女が愛を勝ち取るのだ。残酷で皮肉な「ハッピーエンド」を目にしたとき、私たちの胸に残るのは、自由を追い求めながら砕け散っていった女性の悲痛な魂である。そこには、ジョン・M・スタールならではのフェミニズムが貫かれている気がしてならない。